MENU

室井内科クリニック

内視鏡検査

内視鏡検査について

大腸内視鏡は、検査する医師の技量が物を言います。当院院長は、胃カメラ16000例、大腸内視鏡5000例の経験を有し、日本消化器内視鏡学会の専門医の資格を有しておりますので、安心してお任せください。

大腸がん検診にて要精査の場合、高率に癌が発見されます。早期発見のため、定期的に内視鏡検査を受けることをお勧めします。

経鼻内視鏡の導入

平成19年4月より、鼻から挿入する胃カメラを導入いたしました。

従来の胃カメラに比べると、嘔吐反射がほとんどおこらない(おえーっとならない)、検査中に普通に話すことができるなど、楽に検査を受けることができます。

内視鏡検査のよくある質問

なぜ内視鏡検査が必要なのですか?

腹痛や便秘・下痢などのお腹の症状に対し、市販薬などによる一時的な治療に終始するあまり、病気をこじらせてしまうケースが多くみられます。
このことは、結果的に治療を長引かせ、治りにくくする原因になっています。
正確な診断をすることは、病気を的確に短期間で治すために必要なことなのです。

内視鏡検査によって、肝炎やHIVに感染する心配はないのですか?

ありません。
使用した内視鏡は、最新の内視鏡洗浄器を使用し、学会のガイドラインに準拠して、十分な洗浄・消毒をしています。

内視鏡によるポリープ切除は可能ですか?

可能です。
ただし、胃や大腸のポリープは、大きさに比例して、出血や穿孔などの合併症が起こりやすくなります。
リスクが大きいと判断されるケースは、無理をせず検査のみ行い、治療は外科のバックアップのある、入院可能な病院へご紹介いたします。

内視鏡検査検査結果

平成30年度 室井内科クリニック内視鏡検査成績
【平成30年4月1日から平成31年3月31日までの、内視鏡検査成績をお示しします。】

A.上部内視鏡(胃カメラ) 症例数
特に異常なしまたは胃底腺ポリープのみ 116
胃または食道の術後変化のみ 15
カンジダ食道炎 7
食道アカラシア 2
逆流性食道炎(明らかな粘膜障害)LA-A,B 24
逆流性食道炎(明らかな粘膜障害)LA-C,D 6
逆流性食道炎(明らかな粘膜障害)SSBE 11
食道乳頭腫(良性ポリープ) 6
食道がん(表在1 進行0) 1
食道異物除去 1
胃びらんまたは表層胃炎のみ(明らかな萎縮なし) 49
胃粘膜下腫瘍 11
胃アニサキス症 1
慢性萎縮性胃炎(ピロリ菌陰性) 127
慢性萎縮性胃炎(ピロリ菌陽性) 70
慢性萎縮性胃炎+過形成ポリープ 11
十二指腸炎 7
十二指腸ポリープ 3
胃潰瘍(瘢痕を除く) 16
十二指腸潰瘍(瘢痕を除く) 5
胃・十二指腸潰瘍瘢痕 34
胃がん(早期2 進行0) 2
487
B.下部内視鏡(大腸) 症例数
特に異常なしまたは痔核のみ 34
憩室のみ 26
憩室炎 1
切除後 1
非特異的腸炎 14
抗生物質関連性腸炎 1
虚血性腸炎 7
赤痢アメーバ 1
潰瘍性大腸炎(活動性) 3
潰瘍性大腸炎(CR) 2
クローン 1
結腸粘膜下腫瘍 1
7mm以下の腺腫(ポリープ) 42
8mm以上の腺腫(ポリープ) 25
当院にて実施したポリープ切除術 16
大腸がん(早期8 進行6) 14
170

お問い合わせはこちら

受付: 月・火・木・金・土(午前)

(※診療時間内にお願いします)

診療案内

  • 内科
  • 消化器内科
  • 胃カメラ
  • 内視鏡検査
  • 健康診断
  • 予防接種

アクセス

室井内科クリニック
〒232-0071
神奈川県横浜市南区永田北2-54-26-1F
TEL: 045-712-2215
駐車場: 4台完備